京都大学の森成物性理論研究室のホームページです。


大学院生募集

大学院生募集

(08/07/2016更新)

当研究室は,物性理論の研究室です.
強相関電子系,超伝導,固体中のディラック電子,ブラックホールアナロジーなど多彩なテーマに挑戦しています.

大学院を志望される方は,量子力学と統計力学の基礎をしっかりと身につけて来てください.教科書を読むだけではなく問題演習をこなして院試の問題が簡単に思えるくらいにしておきましょう.また,固体物理の教科書(KittelやAshcroft-Merminなど)をしっかりと勉強しておいてください.これらは最低限必要なことです.大学院に入って思いっきり研究ができるよう,興味に応じて超伝導や場の理論などいろいろ勉強しておくと良いと思います.

当研究室では,早めに(修士1年の前期くらい)研究テーマを設定します.そして,研究と基礎的な勉強を並行してやっていきます.最初は簡単なところでつまづくことがありますので,週に一度くらい議論の時間をとって指導していきます.他に,研究室ゼミを週に1回行っており,松原Green関数やFeynman図形,経路積分による超伝導理論などの文献を輪読します.また,数値計算手法についても典型的な物性の問題を例にとって演習を行います.(言語はC++です.)成果を挙げ,学会や研究会などで積極的に発表してもらいます.様々な研究テーマに対応できる,自立した研究者として巣立ってもらうのが目標です.

物理と真摯に向き合える方であれば大歓迎です.

  

▲PAGETOP